名刺作成後の印刷をコンビニで行う方法

名刺作成はコンビニで可能

名刺作成はコンビニで行うことができます。印刷方法などを工夫すると簡単に作成することができるので便利です。
コンビニに設定しているプリンターを使って、名刺を印刷していきましょう。
コンビニにあるプリンターを利用する場合、カラーA4光沢紙を選択していきます。
この用紙だと紙にある程度厚さや光沢があり、名刺として利用することが可能です。

他の用紙を利用すると厚さが足りないこともあるので、なるべく厚めを利用することをおすすめします。
実際印刷していきますが、A4で印刷するのに名刺1枚だけにすると空白が多過ぎたり無駄になるので、無地のテンプレートにおいてデータを2枚並べた画像を作成しましょう。
A4サイズ1枚でも2枚×4という合計8枚の名刺を作成することができるので便利です。
費用面においても節約することができ、リーズナブルな価格で使用することができます。
少しの枚数だけを希望する人にはおすすめの方法で、気軽に利用することができます。

その場で名刺作成が可能

名刺作成する前に名刺画像をUSBメモリに入れておいたり、専用アプリからアップロードしておくと便利です。
印刷機を操作していきますが、操作画面に従ってボタンを押していくと簡単に名刺作成することができます。

コンビニによって種類は異なりますが、だいたい同じ操作になるでしょう。
データはUSBメモリなどを持っていると特に問題はなく、操作手順に従って進めていきます。
説明書きが画面が表示されるので、最後にお金を入れると印刷することが可能です。
尚、コンビニの印刷機は現金を使うことが多いでの、なるべく小銭を用意しておくと安心です。
実際印刷されたものを見るとパソコン画像とは少し異なるかもしれませんが、コストなどを考えるとコストパフォーマンスは高いかもしれません。
多少ディスプレイカラーや印刷機のインクなどによって、出来が左右されることもありますが、きちんとした名刺作成することが可能です。
ビジネス用など完璧なものを求めるなら業者が良いですが、今すぐ名刺作成したかったり数枚だけ必要ならコンビニはおすすめです。

まとめ

名刺をコンビニで印刷することが可能です。
十分な厚さのある紙を利用すると、反ったり曲がることも少ないでしょう。
表面には軽く光沢がありどこか高級感があります。コンビニで作ったとは気づかれることはありません。
裏面は白紙なのでメッセージなどを書くことが可能です。
今すぐ名刺が必要になっている人や、数枚だけ作りたい人などにはおすすめの場所です。
テンプレートや画像などを利用し、オリジナルの名刺を作成することができます。

あわせて読みたい